京都の北区にある、医療法人葵会で、「人権が尊重される地域包括ケア」の実現に向けて、
地域住民と一緒に仕事をしませんか?

医療法人葵会は、京都市北区で法人結成61周年を迎える京都の医療界でも「老舗」の法人です。

診療報酬等の保障がない時代から、お金の問題等で病院や診療所に関われない人々に、
往診鞄をもって昼夜を問わず困っている人の家にかけつける活動をしてきました。

これからは、超高齢社会を向かえ、地域包括ケアの時代といわれていますが、
住民の人権を尊重する地域包括ケアの実現に向けて、あなたの力が必要です。

ぜひ私たちと一緒に活動しませんか。ご連絡お待ちしております。

求人募集:
医師、看護師、保健師、介護福祉士、言語聴覚士、社会福祉士、ケアマネジャー
委細等は一度ご連絡ください。幾つかの専門職は求人バナーをご覧ください。
介護職の方はこちら(PDFファイル)をご覧下さい

新着情報

2021/05/01

葵会総合ケアステーション「看護」「ケアマネ」「デイサービス」を更新

2021/04/16

葵会総合ケアステーション広報誌「むつみ」2020年後期No58を掲載しました

2021/04/08

「医療法人葵会 行動計画」を掲載しました

2021/04/08

職員が仕事と子育てを両立させることができ、すべての職員がその能力を十分に発揮できるようにするため、次のように行動計画を策定する。

1.計画期間 令和3年4月1日~令和6年3月31日までの3年間

2.内容

■目標1:計画期間内に、育児休業の取得率を下記の水準以上にする。

男性職員…計画期間中に1人以上取得すること。
女性職員…取得率を80%以上にすること。

<対策>
●令和3年11月~ 男性も育児休業を取得できることを周知するため、管理職を対象とした研修の実施。
●令和3年11月~ 育児休業の取得希望者を対象とした講習会の実施

■目標2:小学校入学前までの子を持つ職員の短時間勤務制度を導入する

<対策>
●令和4年4月~ ニーズの把握、検討開始
●令和5年4月~ 制度導入
●令和5年5月~ 事業所等への掲示、社内広報誌による短時間勤務制度の周知

■目標3:令和6年3月までに、所定外労働時間を削減するためノー残業デーを設定、実施する。

<対策>
●令和4年7月~ 職員へのアンケート調査
●令和5年8月~ 事業所毎の問題検討
●令和6年3月~ ノー残業デーの実施
        管理職への研修(年1回)及び社内広報誌による職員への周知(隔月)

2021/04/01

葵会総合ケアステーション「看護」「ケアマネ」「デイサービス」を更新

全ての記事を見る

医療事業
上賀茂診療所
かも川診療所
葵会北診療所
  • 訪問リハビリ
紫野協立診療所
  • 通所リハビリ
介護事業
おおみや葵の郷
  • 介護医療院
  • 短期入所療養介護
  • 通所リハビリ
葵会総合ケアステーション
  • 訪問看護
  • 居宅介護支援
  • デイサービス
上賀茂デイサービス
地域支援
京都市紫竹地域包括支援センター