事業所概要

沿革・歴史

紫野協立診療所は、2つの診療所が合併し2014(平成26)年4月に開設されました。

2つの診療所は、待鳳診療所と紫野診療所です。待鳳診療所は、紫竹西南町65番地に1950(昭和25)年9月、京都民医連加盟の診療所の中で二番目に開設され、1954(昭和29)年5月に医療法人となり、1959(昭和34)年には歯科を併設しました。紫野診療所は、1998(平成10)年に在宅医療を主とする診療所として開設し、2000(平成12)年に北病院(一般病院66床)の移転によりその跡に病院外来部門を引き継ぎ診療所として出発しました。その後昭和41年に竣工した紫野診療所建物の改築事業の検討をおこなうなかで、近接の待鳳診療所との合併によりパワーアップめざし2014(平成26)年4月に開設しました。

半世紀以上にわたり地域に密着して地域の人々の物心両面にわたる支えにより地域医療を担ってきた診療所が、移転をすることは、少なからず地域に不安をあたえることになりました。
しかし少しでも解消するため、共同組織、地域の人々とともに知恵と力を合わせ地域住民存立の診療所として存在意義を発揮させていくためにがんばっています。

「全日本民綱領」 葵会事務局ページへ

所長あいさつ

所長:北村勲
所長 北村勲

紫野協立診療所は、共同組織会員、地域住民のみなさんの物心両面にわたるご支援ご協力により移転1年4か月経過することができました。個性の違う2つの診療所が合併し、かつ電子カルテの導入、私の病気療養もありみなさんには、ご不便ごめいわくをおかけしました。おかげさまで今年度より私も復帰を果たし、職員ともども元気に診療を開始しています。

私たちの診療所は、創設以来「命の平等」「無差別平等の医療・福祉・介護の実現」を理念に地域住民の方々と歩んできました。この姿勢は、いささかも揺らぐことはありません。いつでもだれでも安心して医療、介護が受けられるよう社会保障制度の改善を政府に求め、医療、介護の質向上・充実をめざします。

同時に憲法をないがしろに再び戦争する日本に変えようとする安倍自公政権が強行しようとする「安保法制=戦争法案」を廃案に追い込み、憲法が輝く社会にづくりめざしてがんばります。今後ともなお一層のご理解、ご協力をお願い致しましてご挨拶とさせていただきます。